芸能にゅーす爆速

芸能ゴシップニュースを爆速で発信します!芸能界の恋愛事情から黒い話、どうでもいい話等たくさんお届けします。



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/08/15(火) 14:09:59.14 ID:CAP_USER9.net

    過去の不倫疑惑に揺れる「SPEED」の上原多香子(34)が引退危機に直面している。

    夫のミュージシャン・TENNさん(享年35)が3年前に自死した背景として、上原と既婚のイケメン俳優・阿部力(35)のダブル不倫疑惑が一部報道で浮上。
    かねて上原は肉食系女子を飛び越えた“性獣系女子”と評され、周囲は再三にわたって私生活の乱れを警告してきたというが…。

    今後は現在出演中の舞台終了後、無期限休養に入るとみられるが、イメージダウンは深刻で、そのまま芸能界からフェードアウトもありえそうだ。

    SPEEDで同僚だった今井絵理子参院議員(33)と橋本健神戸市議(37)のダブル不倫疑惑では
    「一線は越えていない」という弁明も飛び出すなど、良くも悪くもネタになったが、上原の場合は経緯がより深刻だ。

    2014年9月に夫のTENNさんが愛車の中で首つり自殺。残された遺書には上原と既婚俳優・阿部との不倫をうかがわせる文言がつづられていた。

    「妻のスマホに阿部との“いろいろな画像”が入っていて、それを見てしまった夫は倒れるほどの衝撃を受けた。
    不妊治療の結果、子供のデキない体であることが分かった夫に追い打ちをかけるように、妻と阿部が子づくり談議に花を咲かせていたこともショックだったようだ」とは関係者。

    夫の他界後、上原と阿部は破局。遺書に自分の名前が書かれていたことを知った阿部は、TENNさんの遺族に泣きながら不倫をわびたという情報もある。
    上原もしばらく憔悴しきっていたようだが、それも時間の経過とともに傷も癒え…。

    「1年半ほど前かなぁ、上原さんが麻布かいわいの飲食店で“ガン黒オヤジ軍団”と飲んでいました。ガン黒軍団の中心は50代後半~60代とおぼしき小太りオヤジ。
    タニマチなのか、何なのか分からないけど、日サロ焼けした顔で夜のニオイがプンプンした。取り巻き連中もみんな黒かった(笑い)。酔っ払った上原さんはそのオッサンと周囲の目も気にせずイチャイチャ。彼女が絡む感じでベロチューもしていた」

    そう証言するのは目撃した30代女性だ。当時は若くして未亡人となった上原に同情が集まっていた時期。目撃女性は「全然余裕じゃん!と思ったけど、まぁ、元気になって何よりと思うことにした」という。
    “ベロチュー事件”を見ても分かる通り、上原は雑食。とにかくホレやすい。酒が入ると、テンションの上昇とともにガードもユルくなるのだろうか。

    「あるCMの撮影で共演した男性は、事前に上原さん側のスタッフから『彼女はすぐソノ気になってしまうので、できれば仲良くしないでください』とお願いされたそうです。
    その瞬間、男性は『エサをあげないで』と書かれた猛獣を連想したそうです。肉食系女子をしのぐ性獣系女子ですね」(芸能プロ関係者)

    とはいえ、こうした男グセを再三にわたって警告されてきたのも事実。関係者によると「彼女に悪気はないが、パッション(熱情)に任せて行動してばかりでは危ない。周囲は『節度ある行動を』と繰り返し言ってきた」という。

    その直後の今回のスキャンダル。夫の死去から3年になるタイミングで発覚したことや、TENNさんの遺族と金銭トラブルが生じていると言われるだけに、何らかのウラがある可能性も否定できないが、
    もとをただせば自らがまいた種だ。事務所内からは「もうかばい切れない」という声も上がっているそうだ。

    上原は12日に名古屋公演の初日を迎えた舞台「のど自慢~上を向いて歩こう~」に出演後、報道陣の前で深々と一礼。「ひと言お願いします」「いまの心境はいかがですか?」と声を掛けられたが、無言を貫いた。
    18日の千秋楽まで醜聞をシャットアウトして舞台に集中する決意だが、その後は無期限の休養に入るという。

    「休養は本人の申し出のようだが、近日中にも続報が飛び出す可能性がある。そうなれば彼女のイメージダウンは深刻。無期限休養のつもりが、引退危機に直面するかもしれません」とはテレビ関係者。
    重すぎる内容だけにメディアでこの件が報じられる回数は少ないが、世間の関心は高い。やはり本人自ら説明した方が良いように思えるが…。

    8/15(火) 11:02配信 東京スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-00000005-tospoweb-ent

    写真

    (出典 lpt.c.yimg.jp)


    【上原多香子は肉食系をしのぐ「性獣系女子」、エサをあげないで・・・周囲がかねてから警告wwww】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/08/15(火) 14:25:20.34 ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    女優や歌手として活躍する原田知世は現在、デビュー35周年を記念した映画祭「映画と私」をヒューマントラストシネマ渋谷で開催中。1
    1日には、「SPECIAL MUSIC DAY」と題して、ライヴ映像作品『MELTING SUN & ICE MOON』が初めてスクリーンで上映され、上映前にはトークショーが行われた。

    200人の満員の観客の前に、さわやかな水色のワンピースで登場した原田。
    まずは、女優としてのこれまでのキャリアを振り返り、「時間をかけてじっくりと作品を作り上げていく映画の現場が好きですし、良い作品と良いタイミングで出会えてきた幸せな女優人生でした」と語った。
    また、「10代の頃の作品は、そのときにしかないきらめきを作品の中に記録していただけたので、どれも宝物になっています」と語った上で、
    今回の上映作品の中で特に印象深かった作品は?との問いに、20代の最後に改めて芝居と向き合うきっかけとなったという『落下する夕方』と、大好きな作品である『サヨナラCOLOR』の2本を挙げた。

    そして、後半は音楽プロデューサーの伊藤ゴローが加わり、ライヴ映像作品『MELTING SUN & ICE MOON』についてトーク。
    このトークショーにあたり久しぶりに作品を見直したという原田は、「懐かしさとともに、ステージ上にいるメンバーやステージから見た観客の方のイメージを鮮明に思い出しました」と語った。
    それに対し伊藤が「当時の(原田の)雰囲気は、全体的に緊張感があったよね(笑)」と振ると、「あのときのステージは、目線や身体の動きにも決まりがあったので、どちらかというとお芝居をしているような感覚でした」と返した。

    トークショーの最後には、35周年記念アルバム『音楽と私』収録の「ときめきのアクシデント」を伊藤のギターをバックにしっとりと歌唱。
    思いがけないプレゼントに観客からは大きな拍手が送られた。原田知世映画祭「映画と私」は、18日まで開催。

    17日上映の『彼女が水着に着替えたら』と18日上映の『私をスキーに連れてって』の2本は、貴重な35mmフィルムでの上映となる。
    なお、原田知世は35周年記念プロジェクトの一環で、ここ10年間分のベスト・アルバム『私の音楽 2007-2016』を23日にリリースする。また、ライヴDVD『MELTING SUN & ICE MOON』も同日再発売される。

    ◆原田知世 「私の音楽 2007-2016」

    1. 時をかける少女 (『music & me』より)
    2. きみとぼく (『music & me』より)
    3. くちなしの丘 (『music & me』より)
    4. きっと言える (『encontro -出会い-』より)
    5. FINE (『eyja』より)
    6. Giving Tree (『eyja』より)
    7. フール・オン・ザ・ヒル (『LOVE LOVE LOVE』より)
    8. フロスティ・ザ・スノーマン (『Christmas Songs』より)
    9. ヴィヴォ・ソニャンド (『ゲッツ/ジルベルト+50』より)
    10. My Dear (『noon moon』より)
    11. 名前が知りたい (『noon moon』より)
    12. 夢の人 (『恋愛小説』より)
    13. ドント・ノー・ホワイ feat. ジェシー・ハリス (『恋愛小説』より)
    14. September (『恋愛小説2~若葉のころ』より)Bonus Tra*
    15. ノスタルジア feat. Tomoyo Harada (moose hill 『DESERT HOUSE』より


    (出典 pbs.twimg.com)


    (出典 www.westatic.com)


    (出典 i1.wp.com)


    (出典 s-media-cache-ak0.pinimg.com)


    http://dailynewsonline.jp/article/1344845/
    2017.08.15 10:12 RBB TODAY


    (出典 Youtube)

    時をかける少女 - 原田知世


    (出典 Youtube)

    原田知世 天国にいちばん近い島


    (出典 Youtube)

    原田知世 早春物語


    【「10代のころの作品はどれも宝物」、原田知世デビュー35周年で語ったwwww】の続きを読む



    (出典 kurume-pet.jp)



    1 たんぽぽ ★@\(^o^)/ :2017/08/15(火) 14:34:43.47 ID:CAP_USER9.net

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170815-01872555-nksports-ent
    日刊スポーツ

     元日本テレビアナウンサーで現在フリーの馬場典子(43)が、ペットを連れて電車に乗った写真をSNSで公開し、ルール違反との指摘を受けて削除したことを明かした。

     馬場は14日にブログを更新し、「昨日、ペットと電車に乗っている写真をブログとインスタグラム、ツイッターに載せてしまい、ルール違反では、とのご指摘をいただきました」と報告。自身が利用した東京メトロのルール上は問題なかったようだが、鉄道会社によってルールが異なることを知り、「昨日もしJR東日本に乗っていたとしても調べずに同じことをしていたかと思うと、改めて、ルールを確認することの大切さや、より厳しい基準で考えるべきであることを痛感しています」とした。

     馬場は自身が公開した写真について「今回、ペットが顔を出していたことで、犬が苦手な方に不快な思いをさせてしまったり、ルールとマナーを守っていらっしゃる愛犬家の方にご迷惑をおかけしてしまったり、詳しく知らない方が大丈夫だと誤解してしまったり、ということが起こりかねない」として削除したことを報告。「今後、このようなことのないよう気をつけていきたいと思います」とつづった。


    【ペットを電車に乗せた馬場典子、写真公開で指摘され削除→謝罪wwww】の続きを読む

    このページのトップヘ