芸能にゅーす爆速

芸能ゴシップニュースを爆速で発信します!芸能界の恋愛事情から黒い話、どうでもいい話等たくさんお届けします。



    1 あちゃこ ★ :2017/10/17(火) 17:09:01.34 ID:CAP_USER9.net

    沼田まほかるの小説を蒼井優、阿部サダヲのW主演で映画化した『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)のトークイベントが、10月17日に
    ヴィレッジヴァンガード渋谷本店で開催。蒼井優、阿部サダヲ、白石和彌監督、沼田まほかるのファンである光浦靖子が登壇した。
    光浦が「(蒼井優が演じた)十和子ってきれいだったんだなと。美人じゃないとつじつまが合わないと初めて知りました」と蒼井の美貌を称えた。

    蒼井は恐縮して「ほどよい顔です」とコメント。
    「こういう顔は芸能界にいそうで、あまりいない。本当に美人さんが来たらもっと幸せになってると思うから、ほどよい顔かな。
    女優をやっていると『きれい』って言わなきゃいけない空気があって、そういうのが苦手で」。

    白石監督は「そんなことはないです。十和子を陣治(阿部サダヲ)が好きになる理由が原作にはそこまで描かれていない。2人の関係性の中で
    作らないといけなかったから、ほどほどでもダメで、すごく魅力的な人じゃないといけなかった」と蒼井のキャスティング理由を述べた。

    また、白石監督は阿部について「汚くならなきゃいけない役だったけど、目は汚せないんだと思った。瞳が美しい」と称えると光浦も
    「茶目がすごいきれい。だから家康に選ばれたんだなと。肖像画も茶目なので」と、大河ドラマ「おんな城主 直虎」の家康役の
    キャスティングについても納得していた。

    阿部は「自分がそんなに茶目だと思ってなくて。うれしいです」と言いながら、不潔な男・陣治役について「差し歯を取りながら食べたりしました。
    昔、ロケ弁に*が入っていたことがあって。そしたら『それって、もしかしてわき毛かもしれない』となって」と不潔エピソードを言った後
    「あ、茶目が濁ってきちゃった」と苦笑いした。

    『彼女がその名を知らない鳥たち』は、『凶悪』(13)や『日本で一番悪い奴ら』(16)の白石和彌監督がメガホンをとったラ*トーリー。
    自分勝手で嫌な女・十和子を蒼井優が、彼女を愛する不潔で下劣な男・陣治を阿部サダヲが演じる。【取材・文/山崎伸子】

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00124797-mvwalk-movi
    蒼井優、光浦靖子に「美人」だと言われて照れる

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/10/17(火) 15:01:37.36 ID:CAP_USER9.net

     全国5500館の図書館に著書を寄贈すると宣言したお笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣さん(37)が、「図書館を利用して、自分の本を売ろうとしている!」との批判を受けたとブログで明かした。

     「これの何が問題なのでしょう?」。西野さんはそう反論し、「お腹を痛めて産んだ子供を必死に育てたらいけませんかね?」と切り返した。

    ■全国図書館大会がきっかけ

     西野さんは2017年10月15日のブログで、4日に発売したビジネス書「革命とファンファーレ~現代のお金と広告~」(幻冬舎)を全国の図書館5500館に自腹で寄贈すると発表した。

     きっかけは、文芸春秋の松井清人社長が13日の「全国図書館大会 東京大会」で、文庫本の貸出が売上減少に影響しているとして、図書館での文庫本貸出を中止するよう懇願したことだ。

     これに対して、西野さんは図書館の貸出が本の売り上げ増加につながっているとの考え。そこで、図書館へ自腹で著書を寄贈して、図書館の貸出が書籍の売り上げに貢献していることを証明するとした。

     この寄贈宣言には、ツイッターなどで賛否両論。「ほんとにその通りだと思います」「名前を売りたいだけの承認欲求でしかない」などと議論に。

     西野さんは17日のブログで、

      「『西野は図書館を利用して、自分の本を売ろうとしている!』『西野は話題を作って、結局、自分の本を売ろうとしている!』といった批判を頂戴しました」

    と紹介。

     そんな声に「自分が、自分や仲間の為に、自分の本を売ろうとして、これといって誰に迷惑をかけているわけでもない。そして、それを求める人がいる。これの何が問題なのでしょう?」と反論、こう続けた。

      「図書館があることによって、本が売れて、本の面白さに出会う人が増えればいいと思いますし、『ああ、そういう広告もあるのね。ちょっと自分もやってみよう』と勉強する人が生まれて、これまで埋もれていた
    誰かの素敵な作品が、世の中に見つかるといいと僕は思います。お腹を痛めて産んだ子供を必死に育てたらいけませんかね?育児放棄をしたほうがいいですかね?」

    ◾一方、Amazon売れ筋ランキングでは...

     全国で約510館の図書館を運営する図書館流通センター(東京都文京区)は、西野さんの取り組みに感謝の意を表した。

      「『図書館の貸し出しが書籍の売り上げに貢献してくれていることを証明する為に全国5500館に自腹で寄贈する』という西野さんの試みについては、私ども図書館員も様々な形で証明できるよう
    頑張っていきたいと思っています」

     西野さんは16日のブログで、同センターの谷文子会長から届いた、こんな手紙の文面を公開している。

     西野さんのブログによると、図書館に寄贈する著書の配送作業は17日に始まる。18、19日には、全国5500館の図書館に届く予定だという。

     「革命とファンファーレ~現代のお金と広告~」(幻冬舎)は、10月4日に発売。発売6日で、10万部の売り上げを記録した。Amazonの売れ筋ランキング「本」部門では10月17日現在、第3位に
    ランクインしている。

    JCASTニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000004-jct-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00000004-jct-ent&p=2


    続きを読む



    (出典 koimousagi.com)



    1 あちゃこ ★ :2017/10/17(火) 17:00:59.48 ID:CAP_USER9.net

     俳優のいしだ壱成(42)が、離婚の原因や慰謝料などについて明かした。

     いしだは16日深夜にスタートしたTBS系新番組「なかい君の学スイッチ」に出演。
    03年に女性タレント(引退)と結婚し、男児をもうけたが、06年に離婚。
    別れを切り出したのは「妻の方から」だったという。

     離婚原因は、いしだが元妻に対し「朝起きたらまず目の前にお水が置いてないといけない」
    「水を飲み干したら今度はさゆを出す」「シャワーを浴びている間にバスタオルとその日に
    着たい服を定位置にセットしておく」などと細かく求めすぎていたことだという。
    シャワー後に服が用意されていないなど、元妻がルールを破った場合には
    「全裸のまま無言でリビングに(立っていた)。嫌なんですよ、負けた気がして」と明かし、
    共演者たちを驚かせた。

     しかし離婚協議でトラブルは生じなかったという。
    「若かったっていうのもあって、お互いに弁護士やら何やらを通さないで、本人同士で。
    家具は向こうが要る物を持って行って、僕は残った物を」と振り返った。慰謝料や養育費については、
    子どもの親権を母親が持つことと引き換えに「一切は払わないで大丈夫」。その代わり、
    子どもと面会する権利は与えられていないことを明かした。

    日刊スポーツ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171017-00030134-nksports-ent


    続きを読む