芸能にゅーす爆速

芸能ゴシップニュースを爆速で発信します!芸能界の恋愛事情から黒い話、どうでもいい話等たくさんお届けします。



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/22(金) 13:24:07.00 ID:CAP_USER9.net

    嵐の松本潤(34)が人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」(日本テレビ系)の10月8日放送予定回にゲスト出演することになった。昨年末に井上真央(30)とセクシー女優・葵つかさ(27)の二股交際が報じられ、人気が急落。視聴率が好調なイッテQ人気にあやかろうとしている。同番組とジャニーズといえば、6月に元SMAPの木村拓哉(44)がサプライズ出演したのは記憶に新しい。人気が落ちたジャニーズの“駆け込み寺”のような存在になっている。

     松本の登場が予定されているのは、イッテQの“お祭り男”こと宮川大輔(45)の人気企画だ。宮川の記念すべきコーナー100回目の「世界で一番盛り上がるのは何祭り? 100回目スペシャル inタイ」に揃って登場し、タイの田植え祭りにチャレンジするというもの。

     松本がゲストに選ばれたのは、2008年の映画「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」で宮川と共演した関係からなどと説明されているが、表向きの目的は「放送前日の7日に松本が有村架純とダブル主演する映画『ナラタージュ』が公開となるので、その宣伝が主たる目的でしょう」と日テレ関係者は語る。

     だが本当の目的は、よくある映画の宣伝だけでは決してない。「ナラタージュ」は、妻がいる高校教師役の松本と、教え子だった女子大生役の有村架純(24)の禁断の愛を描いた作品で、とてもイッテQの主な視聴者であるファミリー層と合致するとはそもそも思えない。それでも松本がわざわざ海外にまでロケに出向いて出演するのは、松本自身にそのファミリー層の支持がどうしても欲しいからだという。

    「葵とは、恩人の中村勘三郎さんの通夜会場で知人に紹介されたのがきっかけといわれる“お葬式ナンパ”。それに加え、4年にわたって続いた“ゲス二股”報道、さらに葵による松本を連想させる“暴露”などで、松本のイメージは一気に崩れ落ち、ファンも一気に離れてしまった。コンサート会場で松本の紹介となったときには、一部のファンからブーイングみたいな声が上がったこともあったそうだ。そこでイッテQで頑張る姿を見せて、新たなファンをつかもうという作戦。それだけちびっ子、その親たちに対するイッテQの影響力は大きいからです」と芸能プロ関係者。

     日曜午後8時枠のトップをひた走り、視聴率好調のイッテQには、ジャニーズからNEWS・手越祐也(29)がレギュラー出演している。

     5月に映画「無限の住人」でカンヌ映画祭に行った木村も、出川哲朗(53)のパパラッチコーナーにセレブの一人として登場した(放送は6月)。

    「今までの木村だったらこういう形で出演することは絶対になかった。だけど、SMAP解散・退社騒動で取り返しがつかないほどイメージ、評判が落ちてしまったことで、イッテQ人気に頼った形となった。ジャニーズの幹部はイッテQの影響力を高く評価しており、今後、不人気となったジャニタレが出演するというのが“方程式”となりそうだ」(前出関係者)

     ちなみに昨年、不倫騒動を起こしたベッキー(33)は、もともとはイッテQのレギュラーメンバーなのだが、騒動後、いまだ復帰できていない。

    「それは裏を返せば、番組の視聴者であるファミリー層に対し、不倫は完全にNGということ。松本の場合は不倫ではないですが、ビッグネームということで、かろうじて番組側もOKしたのでしょう」(テレビ関係者)

     ベッキーが木村や松本のように、スペシャルゲストとして再び番組に出演できる日が来るのかも気になるが、松本がこれでイメージアップできるのかにも注目だ。

    2017年9月22日 11時0分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13647011/


    続きを読む



    1 スタス ★@\(^o^)/ :2017/09/21(木) 18:51:11.79 ID:CAP_USER9.net

    画像

    (出典 e-talentbank.co.jp)


    https://e-talentbank.co.jp/news/43507/
    浜崎あゆみ、セレブ感あふれる買い物姿が隠し撮り!?「オーラが半端ない」「セレブあゆ」

    20日に浜崎あゆみが自身のInstagramを更新した。
    浜崎は「久々にやられました パパラミッチ」「ほんとこっそり撮るよね笑」と、撮影者と思われる人物の名前と“パパラッチ”をかけたコメントと共に、買い物中と思われるシチュエーションで、全身を黒で統一したセレブ感あふれるファッションに身を包んだ姿の写真を投稿した。

    この更新にファンからは「脚綺麗」「オーラが半端ないね」「セレブあゆ」「めっちゃカッコいい」「こっそり撮られてその美しさ」「あゆちゃんやっぱおしゃれだな~」と、賞賛のコメントが寄せられていた。

    浜崎は、現在、全国ツアー『Just the beginning -20- TOUR 2017』の公演中。28、29日には静岡での公演を控えている。

    ★1 2017/09/20(水) 23:06:48.38

    前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1505960016/


    続きを読む



    (出典 img.sirabee.com)



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/09/22(金) 18:48:57.87 ID:CAP_USER9.net

    “浪速のエリカ様”こと上西小百合衆院議員(34=無所属)が、次期総選挙に出馬しない意向を固めたことが21日、本紙の取材でわかった。

    週明けの25日にも上西氏本人が記者会見を行う。

    橋下チルドレンとして注目を浴びたものの“国会サボリ疑惑”、最近ではJリーグ浦和レッズサポーターへの暴言ツイートで世間を騒がせてきたが、無念の不出馬を決めた現在は、修行僧のように自身の言動を反省しているという。

    一方で交際中の年上男性との結婚がこのほど決まったとの情報も…。前代未聞の“不出馬婚”の行方は――。

    「次の選挙は当選する確率が高い政党から出ます」(2017年7月19日の記者会見で)

    「私は*まで政治家ですので、次の選挙も立候補します」(17年2月6日、映画「ウィーナー」のイベントで)

     こう言ってはばからなかった上西氏に議員バッジを外す時が来た。関係者の話を総合すると、上西氏は来月10日公示、22日投開票が濃厚な解散総選挙で、大阪7区(吹田市、摂津市)からの出馬を断念。すでに後援会や側近には伝えているという。

     上西氏は12年12月の衆院選で日本維新の会(当時)から出馬し、初当選。選挙時や当選後もツンデレな対応をしたことから女優の沢尻エリカ(31)に例えられ“浪速のエリカ様”と呼ばれたが、慎重なマスコミ対策と猫をかぶっていたせいもあって、意外にも“ブレーク”したのは2期目に入ってから。

     15年3月の“国会サボリ疑惑”の文春砲で渦中の人となり、維新の党を除名処分に。その後は開き直ったかのように、メディア出演やセクシー自叙伝の出版、最近では浦和レッズサポーターに「サッカーの応援しているだけのくせに、なんかやった気になってるのムカつく。他人に自分の人生乗っけてんじゃねえよ」とつぶやき、大炎上した。

     他方で森友学園問題は地元大阪で起きた不祥事とあって、業者へのヒアリングや実地調査を精力的に行い、核心を突く事実を暴いた場面も。無所属ながらも国会で追及する野党勢をアシストし、結果的に安倍政権を追い込んだ立役者の一人だったともいえる。

     前出関係者によると、無所属の上西氏は「政治は政党が行うもの」という理念のもと、総選挙を見据え、水面下で複数の政党と接触。政党入りを模索していたが、残念ながら不調に終わってしまったという。

     不出馬を決めた上西氏は支援者の顔を思い出し、涙に暮れた。高校時代の憧れだった歌手・安室奈美恵(40)の引退発表と自らの引き際を重ね、感慨にふける場面もあったという。

     気になる今後については、すでに芸能事務所が獲得に乗り出しており、タレントや政治評論家として活動していく見込み。収録済みのテレビ番組は複数ある。情報発信も従来通り、ツイッターやインスタグラムで行い、機が熟せば政界への再挑戦も考えているという。

     プライベートでは、かねて交際中の年上男性との結婚がほぼ内定。当初は存在自体が怪しまれ、“エア彼氏説”も浮上していたが、フィアンセは羽賀研二受刑者(56)、もしくはショーンK(49)似のイケメンセレブ男性という。一部では「妊娠した」という情報も出回っている。上西氏に近い関係者は「政界引退ではないが、仕切り直そうということになった。本人も『私の故郷は永田町』と話している。将来的に人妻議員となって戻ってくればいい」と話す。

     25日に行う予定の記者会見では、不出馬表明のほか、これまでの言動に対する反省の弁も口にする。

    「あれだけ威勢のよいことを言っておいての不出馬ですから、批判は甘んじて受けると。己を見つめ直すために、四国八十八か所巡りを勧める声もある」(関係者)

    “政界の炎上クイーン”がいなくなるのは寂しいが、また新たなフィールドで活躍していくだろう。

    2017年9月22日 16時30分 東スポWeb
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13648723/


    続きを読む