芸能にゅーす爆速

芸能ゴシップニュースを爆速で発信します!芸能界の恋愛事情から黒い話、どうでもいい話等たくさんお届けします。



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/11(木) 22:39:01.99ID:CAP_USER9.net


    (出典 image.news.livedoor.com)


    乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が11日、自身のブログを更新。鎖骨下の血管に点滴用のポートを埋め込む手術を受けたと明かした。
    麻央は「よろしくお願いしますの新しい気持ちです」と心境を綴っている。

    『ポート埋め込み』というタイトルで2回に分けて記事を更新した麻央。「腕の血管には限界を感じていましたし、
    ポートがあれば入れられる濃い栄養の点滴などがあることを知り、タイミングを逃さないよう、
    ポートの手術を受けることを心に決めていました」と、前々から手術を考えていたことを明かした。

    手術について「親知らずの抜歯の時のような最初の局所麻酔の痛みだけで、怖くはなかったです」と振り返り、
    「今は、まだ少し痛みが残っていますが、馴染んでくるはずです」と現状を伝えた。

    4月中旬から入院している麻央は、「在宅治療でも点滴に利用できるので、退院に向けて、ひと安心しました。
    酸素吸入器の準備もよし!介護ベッドの準備もよし!在宅治療の準備もよし!あとは!いつ退院できるかな。家の空気が恋しいです」と退院を待ち望んだ。

    これまで点滴を受けていた腕の静脈の点滴ルートを外したといい、
    「よく耐えてきてくれた血管、神業のように残る血管を探し出し、何度も差し替えてくださった先生、
    血管に「がんばれー」と声をかけて下さった看護師さんに、感謝が湧きます」と腕を労り、病院スタッフに感謝を述べた。

    最後は「今日からは、ポートの血管が大活躍です。よろしくお願いしますの新しい気持ちです」と前向きな言葉で締めくくった。

    読者からは「回復を心から祈っています」「退院に向けて着々ですね」「頑張ってください!」と応援のコメントが寄せられている。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13049589/
    2017年5月11日 20時0分 女性自身


    続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/14(日) 08:51:35.56ID:CAP_USER9.net

    お笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建が、5月10日放送のバラエティー番組『徳井と後藤と麗しのSHELLYと芳しの指原が今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に出演した際のことが話題になっている。

    同番組では、芸能界の悩める女性タレントたちに、VTRを見ながら渡部がダメ出しする『トリオ THE 悩める女』のコーナーに優木まおみが出演した。

    優木は2013年に美容師と結婚し、現在は2児の母として子育てに奮闘しながら、その生活ぶりをSNSで発信している。

    しかし優木は、昨年の『ママタレントランキング』で10位以内に入っていないことが悩みだと言い、
    そして「ママタレントランキングで上位に入り、ゆくゆくは報道番組『news every.』(日本テレビ系)のキャスターになりたい」との思いを打ち明けた。

    このあと優木が取った態度に、渡部が出したダメ出しが「的を射過ぎてて痛快!」と、かなり評判になっている。

    豪華な品物を自慢しても好感度は上がらない
    相談を受けた渡部は、「ママタレとしての好感度を上げない限り、ちょっと活路を見出せないと思う」と分析。
    だが優木は、自宅紹介のVTRで70インチのテレビや、フランスの食器バスティエ、150万円のベッド、海外セレブ愛用のカシウェアの枕と毛布など、高級感漂うインテリアを見せた。
    さらに約200万円するエルメスのバーキンを「長女を産んだときに、自分へのご褒美ということで、ファーストバーキンを奮発して買いました」と披露した。

    この映像を見た渡部は、「本当に主婦にウケたい。好感度をママタレとして上げたいなら、これは映しちゃダメです。
    持っててもグッと我慢」と提案。しかし、優木は「1個しか持ってない。ファーストバーキンでいてラストバーキンなわけですよ」と反論。
    それを聞いた渡部は、「それでも1個も買えない方々に見ていただいている番組で、われわれ頑張るんです。
    分かります? みんな、1個だったら持ってるよって人たちに向かってエンターテイメントやってんじゃないんですよ。
    ひとつも買えない人に向かってやってるんです。なので、あなたはそうかもしれないけど伝わんないです」と熱く語り、優木も「分かりました」と返した。

    優木は納得したと思われたのだが、その後にとんでもないことを話し始めた。

    「news everyも絶対来ない!」

    子育て中の優木は、渡部のアドバイスをあっさりと無視するかのように、「平日の帯時間いいよね。
    『PON!』(日本テレビ系)の時間いいよね。保育園に預けて局入って、PON終わってゆっくりランチ食べて」と、仕事と子育てを両立できる時間帯を熱望し始めた。

    「*気でみんな、ひとりでも楽しんでもらうために、血反吐を吐きながら番組作ってるわけじゃないですか。
    それを『PONいいよね。PONだったら出たいな』じゃダメなんすよね。そんな奴はPONはもちろん来ない、news everyも絶対来ない」と渡部が猛烈にダメ出しした。

    最後に「一からです。ひな壇の3段目からです。これをやると意味がある。1段目は番宣で来た役者さんを紹介します。
    司会の人が『残りは暇な人を呼びましたー』、『ちょっと待てー!』とかからです。それをやったらちゃんと見てくれる人がいますから」とアドバイスした。

    何かを思い出した優木は「ひな壇3段目で頑張ってたときに、1段目に佐々木希ちゃんが居たんですよね。
    いいなー、あの席って思って」と渡部の結婚相手の佐々木希について語ると、渡部は「それはつまり、それが与えられたポジションなんですよ!」と言ってのけた。

    妻を誇る渡部が妙に格好よく見えた番組でもあった。

    ゲストなのに強烈なダメ出し。

    http://dailynewsonline.jp/article/1310184/
    2017.05.13 21:00 まいじつ


    続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ :2017/05/12(金) 09:21:52.82ID:CAP_USER9.net

    俳優の菅田将暉(24)が、5月7日に放送された『マルコポロリ!』(関西テレビ)にゲスト出演。学生時代に経験した“モテモテ”エピソードを明かし、話題になっている。


    この日の放送では、お笑いコンビ・シャンプーハットの二人がレポーターとして、菅田に直撃取材。その中で、“青春の思い出”として「正直モテモテだったでしょ?」
    と尋ねられた菅田は、「(菅田を見るため)廊下にバーッと人がいて……」とモテていたエピソードを披露。さらに、「カッコいいという噂だけで女子が集まってきたんですかね?」と聞かれると
    、「そうなんですかね。先生とかもいました」「恥ずかしかったですね。連絡先交換とかも全部断ってました」と答えていた。

    今回、菅田が披露した“モテモテエピソード”に、なぜか疑問を持つ視聴者が続出。
    放送後、SNSなどには「モテ話されても菅田くんの場合はホント? って思う」「そんなにみんなからモテるタイプじゃなくない?」
    「菅田くんがイケメン俳優扱いされると違和感ある」「あくまで演技力で評価すべき人」「菅田将暉は演技派俳優じゃないの?」といった反応が数多く上がった。
    どうやら世間には、菅田を“イケメン俳優”として見ていない人が意外に多いようだ。

    「カンニング竹山(46)も、以前ネットテレビで菅田に対し“ぶっちゃけカッコ良かねえじゃん”“個性派でしょ”とコメントしていました。
    最近の芸能界は“イケメン俳優”の活躍が目立ちますが、菅田はこれまで演技力で評価されてきた印象が強いですから、
    その枠に入ってることに違和感を感じるファンは多いのでしょうね」(芸能誌ライター)――少なくとも「俳優」として評価されているのは間違いない?

    http://dailynewsonline.jp/article/1309599/
    2017.05.12 08:00 日刊大衆


    続きを読む