芸能にゅーす爆速

芸能ゴシップニュースを爆速で発信します!芸能界の恋愛事情から黒い話、どうでもいい話等たくさんお届けします。

    2017年04月



    1 muffin ★@\(^o^)/

    http://www.asahi.com/articles/ASK4Q74K1K4QUTIL01X.html
    2017年4月29日19時15分

     女優でタレントの奥山佳恵さんは、ダウン症の次男美良生(みらい)君(5)の入学を来春に控える。目下の悩みはやはり、どの進路を選ぶかだ。奥山さんに話を聞いた。

     美良生(みらい)を育てながら、理想と現実を感じています。「障害者と健常者、共に生きていこう」「だれもが過ごしやすい世の中に」と語られる一方、現実は6歳で分けられる。
    小学校の通常の学級、特別支援学級、特別支援学校のどれかに選別されるところから教育って始まる。「まぜこぜ」の社会をめざすのに、なぜ初めからまぜこぜじゃないんだろう。すごく不思議です。

    みんな得意、不得意があって凸凹なのが社会でしょう。じっとしていられない子、勉強ができる子、いろいろいて、支援が必要な子の数だけ先生が増える。
    子どもも、それぞれが自分にできることを考え、フォローするところはフォローしてクラスができあがっていく。それが私の理想です。

     障害児を分ける必要なんてない、どんな子も同じ教室で受け入れたい、という校長先生お二人に縁あって出会いました。
    ただ、現状はその先生方が講演会を開いているくらい、分け隔てのない教育の間口はまだせまい。始まったばかりなんだなと感じます。

     この子と同い年で障害のない友だちがいます。5歳どうしだと障害の有無を意識せずに遊べるんですね。一緒にいるところを見ていたら、その子は美良生のできることを見つけて、2人で楽しそうに遊んでいました。
    何かができないから付き合えないではなく、できることを探して遊ぶ。まさに、理想の社会がここにあると思いました。

     障害のない子たちとも一緒に育ち、成人式で「久しぶり」と再会を喜び合えるような友人に恵まれたらいいなあ、と思います。

     小学校の通常の学級に入れるかは、校長先生の考え方次第らしいとも聞きます。少しでも通常の学級の子と交われたらいいと思うけれど、もし、美良生が生きづらくなったら元も子もない。
    本人が楽しく通えて、笑顔になってくれる道が一番いい。でも、そこの判断がとても難しいですね。


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    (出典 www.asahicom.jp)


    【【芸能】ダウン症の息子、進路どうすれば 奥山佳恵さん悩む選択】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 みつを ★@\(^o^)/

    http://japan.techinsight.jp/2017/04/kay04281631.html

    長年の交際を経て、2014年にゴールインしたブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー。6人の子(うち3人は養子)を仲良く育てる夫妻を世間は「ハリウッドのおしどり夫婦」と呼んだが、昨年ブラッドと長男の親子喧嘩が勃発したのを機にアンジェリーナは離婚を申請。世間を、そして誰よりもブラッドを驚かせた。その後夫妻の関係は親権をめぐり泥沼化したが、今の関係は意外にも良くなっているのだそう。このまま子供達のため、関係を修復する可能性はあるのだろうか。

    「ブラッド・ピットが長男を虐待したのではないか。」

    そんな疑惑の浮上を機に当局が調査に乗り出し、アンジェリーナ・ジョリーとブラッドの泥沼の離婚騒動が連日メディアに取り上げられるようになった。しかし虐待疑惑も晴れ、ブラッドとアンジェリーナの今の関係は決して悪くないという。今年に入ってからはアンジェリーナの態度も軟化し、BBCのインタビューでは「これからも永遠に家族です」と断言。さらにブラッドはアンジェリーナが仕事のため向かったカンボジアを訪問し、子供達との時間を満喫した。このとき夫妻が同じ宿に泊まることはなかったというが、一時は断絶していた夫妻の関係がずいぶん良くなったことは間違いない。

    また、一時は戸惑っていた子供達もずいぶんブラッドに心を開くようになったもよう。そして何か月もブラッドからの連絡を拒否していたアンジェリーナにも少しずつ変化が生じたとして、ある情報筋は『E!News』にこう明かしている。

    「そもそも子供達は、昔からパパが大好きですからね。揺るぎない関係を維持しています。ただアンジェリーナよりも、躾に厳しかっただけ。どこの親子とも同じで、時には親子喧嘩もしますよ。でもブラッドには子への愛、模範になろうとする姿勢、そして指導してあげたいという気持ちしかありません。」

    またセラピストの介入もあり、アンジェリーナは「私のやり方にも悪い点があった」と気付いたのだそう。ならばそのまま夫婦関係の修復もありそうなものだが、情報筋はこのように語る。

    「ブラッドは、(突然の結婚破綻に)まだ動揺していますからね。アンジェリーナのせいで、何もかも世間に知られたと責める気持ちもあります。いずれは彼女を許したい。それが子供達にとっても一番とは知りつつ、これまで知らなかったアンジェリーナの一面を見てしまったのです。」

    よって復縁については「決して不可能な話とは言いませんよ」としつつ、情報筋は可能性が低いことを示唆している。離婚申請に至る前も、時折「離婚するわよ?」とブラッドに話すことがあったというアンジェリーナ。それを「あり得ない」と信じ切っていたブラッドの受けた心の傷は、アンジェリーナの想像以上に大きかったようだ。
    (TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

    2017.04.28 18:20


    【【芸能】ブラピと関係改善したアンジェリーナ・ジョリー 「私のやり方にも悪い点があった」】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/

    キリン「午後の紅茶」の新CM「午後の紅茶 ひとやすみ 17春」篇が4月20日から公開された。
    このCMに出演している女優の宮崎あおい(31)の髪型が、話題を呼んでいるようだ。

    今回の新CMは、海外の混雑する駅のホームで、宮崎演じる女性がペットボトルの紅茶を飲んで一息つく、というもの。
    BGMには、名作アニメ『一休さん』のテーマ曲『とんちんかんちん一休さん』のカバー曲が使用されており、宮崎も「慌てない慌てない、一休み一休み」と、おなじみのセリフを披露。
    最後はゆっくりと「午後の紅茶」を飲み、「紅茶でないとね」とつぶやく。

    「これまでロングやショートボブといった髪型が多かった宮崎が、今回のCMでは耳をすべて出してしまうほどのベリーショートにしています。
    今回のCMの雰囲気と合っているように思うんですが、宮崎ファンの間では不評みたいですね」(芸能誌ライター)

    ネットではCM公開後、主に男性と思われるファンから「新しい髪型が残念」という感想が続出。
    「俺のあおいちゃんが……似合ってないってレベルじゃない」「宮崎あおいが俺の母ちゃんみたいになってしまった」「おばちゃんっぽいぞ」といったコメントが多数上がっていた。

    思わぬ不評を浴びてしまったが、宮崎あおいのベリーショート姿はかなり貴重。今後目にする機会はないかもしれないので、しっかり堪能しておくべし!?

    http://dailynewsonline.jp/article/1304822/
    2017.04.26 17:00 日刊大衆


    (出典 www.cinemacafe.net)


    (出典 i.ytimg.com)


    (出典 pbs.twimg.com)

    https://芸能まとめ.net/wp-content/uploads/2017/03/horoyoi_sawajiri2.jpg

    (出典 www.aoimiyazaki.jp)


    (出典 nobinobi-kodomo.com)


    【【芸能】「母ちゃんみたい」宮崎あおい“新CMの髪型”が大不評!?】の続きを読む



    (出典 iwiz-spider.c.yimg.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/

    覚せい剤取締法違反容疑で逮捕されたが不起訴処分となった歌手、ASKA(59)がついに動き出すようだ。
    23日に更新したブログで弁護士と協議したことを明かし、自身への報道に対する“法的措置”に打って出る構えをみせた。

    23日に「密談。」とのタイトルでブログを更新したASKA。「今日は、夕方から3人の弁護士と最終に近い打ち合わせをいたします」と最新の動向について報告した。

    自身の逮捕をめぐる報道について、「四つの案件を抱えています」と明らかにした。

    これまでの報道に対して「よく受け止めよう」「悪く受け止めよう」という2つの側面に加え、「愉快犯のような表情を持った心理が加わったもの」があったと指摘。

    それについて「昨年末の出来事からは、『目をつぶらない』『つぶってはならない』ものがある」とつづっている。そして、訴訟を起こした際に勝つための準備が整ったとしているのだ。

    「以前からブログでは『法的措置を施す』と警告を続けていました。それがどの部分に当たるのかは明らかではないですが、ブログの内容から昨年末に逮捕された際の報道内容に対して、
    名誉回復のためにもASKA自身も思うところがあったようです。ASKAの騒動の第二幕が始まるということです」とマスコミ関係者。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12987744/
    2017年4月26日 17時9分 ZAKZAK(夕刊フジ)


    【【芸能】ASKA騒動、第二幕の勃発か!?報道に“法的措置”へ 以前からブログで警告】の続きを読む



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/

    日刊スポーツ 4/27(木) 22:36配信

     元乃木坂46橋本奈々未さん(24)が27日、乃木坂46の公式サイト内でコメントを発表し、
    「週刊文春」で報じられた密会疑惑による一部での臆測を否定した。26日発売の同誌で、
    レコード会社ソニーミュージック幹部との親密な関係を報じられていた。コメントは以下の通り。

     みなさまへ

     今週発売の週刊文春の記事でさまざまな臆測を呼んでいるようですが、ソニーミュージックの村松さんと
    私の間に隠さなければならない事実は何もありません

     自宅に出入りしていたとの報道も、私がストーカー被害にあっていたためエレベーターホールまで
    送り届けて頂いたのみですし、在籍中から他のマネージャーの方たちにもして頂いていたことです。

     父親のいない私に本当の父親のように親身になって相談に乗って頂いていた村松さん、そして日頃から
    お世話になっていた奥様にも悲しい思いをさせてしまうことが私もとても悲しいです。

     また夜道での母への取材や、関係のないご近所への取材などもやめて頂きたかったです。

     想像や臆測があたかも事実であるかのように巡っていくことが怖いですし、それによって私のファンで
    いてくださった方たちが動揺させられるのが悔しいです。

     最後の日、最後のブログ、最後のモバイルメールを本当の私の最後にしたかったのですが、このような
    形でまた言葉を残さなくてはいけないのはとても悲しいです。

     重ねて申し上げますが、村松さんとの間に後ろめたいことは何もありません。

     橋本奈々未

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170427-01814386-nksports-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1493342880/


    【【芸能】元乃木坂の橋本奈々未さん密会疑惑を否定「父親のいない私に本当の父親のように...」コメント全文 ★5】の続きを読む

    このページのトップヘ