芸能にゅーす爆速

芸能ゴシップニュースを爆速で発信します!芸能界の恋愛事情から黒い話、どうでもいい話等たくさんお届けします。

    2017年06月



    (出典 favor-j.com)



    1 江戸領内小仏蘭西藩 ★@\(^o^)/ :2017/06/04(日) 23:48:00.21 ID:CAP_USER9.net

    杉本彩 「私はハイレグを着るために生まれてきた」
    https://www.news-postseven.com/archives/20170604_559652.html?PAGE=1#container
    2017.06.04 16:00

     日本中がバブル景気に踊り狂った1990年前後、女性たちの間で大流行したのが「ハイレグ」水着だ。鋭い切れ込みで足の付け根あたりまでを大胆に露出した「ハイレグ」は男性たちを魅了したが、中でもハイレグを美しく着こなしたのが杉本彩。時代を彩った美神が当時を振り返る。

     * * *
     19歳のとき、1987年から1年間東レのキャンペーンガールを務めましたが、そのオーディションで着たのが初めてのハイレグだったと思います。私にとってはハイレグも自分の魅力を生かせる一つの衣装という感覚で、15歳からモデルをしていたこともあり、人前で着るのに恥ずかしさはなかったですね。

     私がグラビアをしていた1987年~1993年はハイレグ全盛期で、着る水着のほとんどがハイレグでした。人によっては、見えてしまうかもという不安や、色々なケアをしなければいけないというのはあったと思います。でも私はハイレグを着るために生まれてきたのではというくらい何も気にする必要がなく、一切ケアしていませんでしたので、苦労話を他人事のように聞いていたのを覚えています(笑い)。

     見られる快感は絶対女性の中に備わっている。当時はいかに脚を長く見せるか、スタイルを良く見せるかを皆がセルフプロデュースしていた時代。水着に限らず、身体のラインを強調するボディコンシャスな服が流行っていたので、水着もハイレグを選ぶのは自然だったと思います。女性であることを大いに楽しんでいた、良い時代でしたね。

     化粧やファッションはその時代の女性の生き方や思想を反映する鏡だと思います。当時の女性はメチャクチャ強かったですから、ハイレグは女性が強かった時代の象徴だったと思います。

    ※週刊ポスト2017年6月9日号


    続きを読む



    1 Egg ★@\(^o^)/ :2017/05/31(水) 00:48:57.29 ID:CAP_USER9.net

    お笑い芸人の中田敦彦(オリエンタルラジオ)が、5月28日放送のラジオ番組『らじらー! サンデー』(NHKラジオ第1)のなかで「(吉本興業の)幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と発言したことが話題を呼んでいる。

     謝罪指示は、中田が先輩の松本人志(ダウンタウン)を暗に批判する発言をしたことに対してなされたとされている。

     2月に脳科学者の茂木健一郎氏が「日本のお笑い芸人は終わっている」とツイッター上で持論を展開したところ、中田がそれに賛同しつつ、「メジャーな先輩方が全員反対派だったので、がっかりしてしまいました」などと述べたことが原因だ。

     中田は「暗に松本人志さんを批判するブログを書いたところ、吉本が全社をあげて大騒ぎし、幹部と社長に、いま僕は『謝れ』と言われている」と現況を明かしつつ、「ただ、僕の意思としては『謝らない』」と表明した。

     この発言を受けて、各メディアは「中田vs.松本」「中田vs.吉本興業」といった構図で騒いでいる。

     だが、当の吉本興業はどこ吹く風といった状況だ。

     吉本所属の芸人たちに聞いても、誰も気にもとめていない。ゴシップ好きの芸人たちの間でも、特に話題にも上っていないという。あえてコメントを求めても、「中田さんっぽい」との一言でにべもない。

     吉本興業広報に問い合わせたところ、「社長が『謝れ』といった事実はありません」という。では、事実ではないのに、「社長から謝罪指示を出されている」と述べて騒動を起こした中田に対して、なんらかの処分は課されるのかをたずねたが、「ラジオで面白おかしく語っただけで、特に問題視することもありません」とあっさり否定した。

     さらに、多くのメディアがこの騒動を取り上げていることについて、「社内の出来事を外で騒がれてもコメントしようがない」と困惑した様子を示した。

     いまやお笑い界で“大御所”と呼ばれるようになった松本に中田が牙をむいたとして、大騒ぎしているマスコミは、単に中田のジョークに振り回されているだけなのかもしれない。
    (文=編集部)

    2017.05.30
     http://biz-journal.jp/i/2017/05/post_19279.html


    続きを読む



    1 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ :2017/05/30(火) 19:39:34.97 ID:CAP_USER9.net

    女性自身 5/30(火) 0:00配信

    『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)で、芸人顔負けの過酷なロケにチャレンジしている、NEWSの手越祐也(29)。

    「手越くんが、体を張るのには理由があるんです」と語るのは、あるテレビ局関係者。

    「まだ彼の人気が今ほどではなかった8年前のことです。彼は1億円のローンを組んで、ご両親に新築の豪邸をプレゼントしてあげているんですよ。
    22歳でまだ早稲田大学の学生でもあった彼にとって、1億円のローンを組むことは清水の舞台から飛び降りるような決断だったはず。でもそれを励みにして
    彼はどんな仕事にも全力で取り組み続けてきたんです」

    手越が両親のために家を建てたのは東京都の隣県の海岸沿い。最寄り駅から徒歩25分とかなり遠いが、海へはわずか1分という立地だ。

    「お母さんがサーフィンなどマリンスポーツを大好きで、この場所を選んだそうです。彼自身もまとまった休みが取れると、この実家によく帰ってきていますよ。
    そんなときには、近所の中学生の男の子たちとサッカーで遊んだりしています」(手越の知人)

    現地を訪れると、白の外壁が目立つリゾートチックな一軒家が、200平方メートルの広い敷地に建っていた。

    「海好きの人には人気の場所ですが、駅から遠いのと津波の心配もあるので、土地の価格は5千万円ほど。建物はかなりこだわっているつくりなので、
    6千万円はしたと思います。合わせて1億1千万円の豪邸ですね」(地元の不動産業者)

    登記簿を見ると、手越がローンを完済したのは昨年3月。7年で1億円を返しきった計算だ。

    「彼は仕事に関しては本当にストイック。ジムでパーソナルトレーナーをつけて週3回のウェイトトレーニングに励んでいますよ。どんな泥臭い仕事でも
    絶対に断りません」(前出・テレビ局関係者)

    そんな姿勢の“結晶”が、ローンを返し終えたこの豪邸なのだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170530-00010002-jisin-ent

    ※前スレ
    http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1496096150/


    続きを読む



    1 カーディフ ★@\(^o^)/ :2017/05/30(火) 21:57:07.22 ID:CAP_USER9.net

    タレントの真鍋かをり(36)が、産休が明けてテレビ復帰してから抱えていたという悩みを打ち明けた。

     真鍋は2015年10月に第1子を出産し、翌16年1月にテレビ復帰したが、29日に更新したブログで
    「産後、仕事復帰してもうだいぶ経ちますが ずーっと悩んでいたんですよね。うまく仕事モードに切り替えられない問題。
    なぜか前より脳が回転していない…うまく人としゃべれない…アイデアが思いつかない…」と告白した。


    (出典 www.nikkansports.com)

    http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1832242.html


    続きを読む



    1 ニライカナイφ ★@\(^o^)/ :2017/05/28(日) 00:10:59.93 ID:CAP_USER9.net

    芸能人にスキャンダルはつきもの。
    最近も芸能人の恋愛や結婚、不倫や離婚などのニュースが毎月のように飛び込んできます。
    不倫や離婚をはじめ、マイナスなスキャンダルによってイメージを大きくダウンさせてしまった人も少なくありません。
    そこで今回は、なぜか信用ならないと思う有名人について探ってみました。

    1位 乙武洋匡
    2位 みのもんた
    3位 矢口真里
    4位 加藤紗里
    5位 ベッキー
    6位 紗栄子
    7位 ファンキー加藤
    8位 宮根誠司
    9位 和田アキ子
    10位 神田うの

    1位は「乙武洋匡」!

    文筆家、タレントとして活動している乙武洋匡。
    ここ数年はコメンテーターとして多くの情報番組に出演してきました。
    いよいよ政界に進出か…と思われた矢先、『週刊新潮』によって不倫スキャンダルが報じられ、世間をあっと驚かせました。
    妻や子供がいる身で、不倫相手と旅行を楽しんだという彼。
    さわやかで誠実そうなイメージが強かっただけに、不倫をしていたと聞いて「ショック」「騙された」と感じた人が多いようです。
    また、これまでの結婚生活で彼自身が「5人の女性と不倫した」と告白したことも、多くの人に衝撃を与えました。

    2位は「みのもんた」!

    誰もが知る大物司会者・みのもんた。
    『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)で視聴者のお悩みに真摯に向き合う姿が印象的です。
    明るい性格や歯に衣着せぬ発言が人気を集め、多くのテレビ番組で活躍。
    しかし2013年に彼の次男が窃盗事件で逮捕されたことをきっかけに、主要番組を降板することに。
    そのこともイメージダウンにつながりましたが、以前からセクハラ疑惑が浮上していたこともあり、胡散臭いと感じている人が多いようです。

    3位は「矢口真里」!

    元モーニング娘。でタレントの矢口真里。
    人懐っこい性格とコミュニケーション力の高さから、バラエティ番組で大活躍していた彼女。
    しかし自身の不倫がきっかけで離婚…。その報道の内容にも衝撃を受けた人が多数。
    「もう信じられない」という人が多く、3位となりました。

    このように、スキャンダルをはじめ、様々な理由から「胡散臭い」と思われてしまっている有名人も少なくありません。
    みなさんは、どの有名人が信用ならないと思いますか?

    https://ranking.goo.ne.jp/column/article/4386/


    続きを読む