1 江戸領内小仏蘭西藩 ★ :2017/11/19(日) 17:25:12.39 ID:CAP_USER9.net

千原ジュニア 不倫報じられた心の師・板尾は「エビフライ定食頼んでエビフライ残す人」
2017年11月19日 17:04
http://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/19/kiji/20171119s00041000282000c.html

(出典 m.sponichi.co.jp)

最新著書のサイン会を行い、板尾の不倫報道について言及した千原ジュニア
Photo By スポニチ

 お笑いタレントの千原ジュニア(43)が19日、最新著書「これにて、便所は宇宙である」(扶桑社刊)の出版記念サイン会を都内で行い、事務所の先輩の板尾創路(54)の不倫報道について言及した。

 ジュニアは板尾を心の師匠とあおぎ、NHK「ケータイ大喜利」で約9年間共演するなど付き合いは25年以上。著書の巻末にも特別企画として2人の対談が掲載されている。
板尾は写真週刊誌「FLASH」で、監督した映画「火花」に出演したグラビアアイドルの豊田瀬里奈(27)とラブホテルで不倫したと報じられたが、
ジュニアは「みたいですね。報道があってからお会いしていないし、話もしていないんで」と言葉を濁した。

 ただ、「15歳から後ろを歩かせていただいていますが、不思議な人なんです。エビフライ定食を頼んでエビフライを残す人だから、ラブホテルに入っても何もないということはありえる」と擁護。
豊田サイドは「映画を見ていた」などと説明しているが、「分からないですけれど、板尾さんならじゃっかんありえると思う」と繰り返した。

 板尾の家庭では火花が散っているのではという説明には、「そんなことはない。奥さんとのきずながすごいですから」ときっぱり。
こちらも同じ事務所の「雨上がり決死隊」の宮迫博之(47)の不倫については「漆黒です」と話し、笑わせた。

 著書は、同社の「週刊SPA!」に7年にわたって連載された言葉集をまとめたシリーズ第6弾で最終章。
ジュニアは、「板尾さんにも渡したけれど、読んでいないと思う。板尾さんに読まれるのが一番恥ずかしい。じゃっかん心をやみがちのグラビタレントに読んでもらいたいですね」とおどけていた。





@
11 名無しさん@恐縮です :2017/11/19(日) 17:29:43.21 ID:pawjKnQ4O.net

>>1
当たり前だろ
海老フライ定食頼んでトンカツ残す奴はいない
イリュージョンじゃねえんだよ